スバル、ディーゼル車撤退。20年度めどに生産・販売終了 (ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース


スバル、ディーゼル車撤退。20年度めどに生産・販売終了 9/7(木) 20:09配信 スバルの水平対向ディーゼルエンジン 新型ガソリン車やEVに集中  SUBARU(スバル)は2020年度をめどにディーゼルエンジン車の生産と販売から撤退する方針を固めた。欧州など世界各国で厳格化される環境規制には、新型のガソリンエンジン搭載車や電動車両の投入で対応する。ディーゼルエンジンに必要な新技術の開発費などを考慮し、開発資源を電動化技術など次世代分野に振り向ける。  スバルは現在、欧州と豪州で「アウトバック」「フォレスター」などに排気量2000ccの水平対向ディーゼルエンジンを搭載している。16年の世界販売に占めるディーゼルエンジン車の販売台数は約1万5500台で、全体の約1・5%に当たる。ディーゼル車販売の大半を占める欧州では今後、新型ガソリン車や電気自動車(EV)などの投入を積極化して販売を伸ばす。  英国とフランスはガソリン車とディーゼル車の国内販売を40年までに禁止する方針を表明。インドは30年までに国内で販売されるすべての自動車をEVのみとする政策を打ち出した。エンジン車の販売を継続する国でも、ディーゼ

情報源: スバル、ディーゼル車撤退。20年度めどに生産・販売終了 (ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

Yahooニュースで見てびっくり。

日本でいつボクサーディーゼルが販売されるのか期待していたら、生産・販売終了とは。。。

環境規制が厳しくなる理由から、ディーゼルに掛ける開発費を違う分野に使うみたいですね。

アイサイトの更なる進化、安全性能、自動運転などに期待していきたいですね。

あとは、MTモデルの車種を増やして欲しいですね。

フォレスターXTやレヴォーグ2.0-GTなどのMTモデルを出してくれると、個人的には物凄くうれしいですね。

今後のスバルに期待していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA