パソコンを長持ちさせ、早く起動させる方法②


前回に続きましてパソコンを長持ちさせ、
早く起動させる方法をご紹介していきたいと思います。

*前回の記事はコチラ→パソコンを長持ちさせ、早く起動させる方法①

これは私自信が、いろいろ調べて実践していることを記事にしています。

この件に関しては、いろいろな意見や見解があります。
その中なの1つとして参考にして下さい。

今回はパソコンに負荷を掛けてしまうデメリットがありますのでそのご紹介です。

 

・シャットダウン

 1番デメリットとして目立っていたのが、HDDへの負荷でした。

・起動する際にHDDへの負荷が大きく掛かる。

・起動が遅いです。

 

・休止状態

 休止状態はいろいろ調べてみると、可もなく不可もなくという感じです。

・熱問題、消費電力、HDDへの負荷、など特に突出したデメリットはありませんでした。
たまに再起動しないと「メモリ」にゴミが溜まってしまう。
(アップデートの時に再起動するので、そんなに気にしない)

・電気代が微妙に掛かる。

 

  • 結論

このデメリットの中で1番気になるのが「HDDへの負荷」でした。
HDDは消耗品ではあるものの、少しでも長持ちさせたいなら「休止状態」がオススメです。

HDDが壊れてしまい大事なデータが失われてしまう(バックアップを取れば安心ではあるが)
HDDを新しく買って取り付けると、時間やコストが掛かる。
HDDを交換するのが難しく感じる人は、新しくパソコンを買い換えることになる。

少し考えただけでも、HDDが早く壊れると面倒なことになります。

出来るだけPCを長持ちさせたいと考えているなら
「休止状態」を活用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA